FC2ブログ

対馬→福岡→羽田→さいたま 『ツシマヤマネコとフライングドルフィンと親父』

波の音で目が覚める。
昨晩は、真っ暗闇で気が付かなかったが、どうやらホテルの下は海である。
とりあえず、温泉につかり朝風呂。R0010555.jpg

朝飯を食べ、ホテルを出発。
国境の島の1日が始まった。
今日の相棒は、レンタカーをホテルに届けてもらったヴィッツ。
まずは、北に向かい、峰町の海神神社に向かう。
まず、最初に目に入ったのが目の前を走るバス。R0010557.jpg

ハングル文字が書かれていて、もう韓国が直ぐそこだと実感する。
途中、海辺の集落で、海岸に積まれた石を発見。
R0010559.jpgR0010560.jpg

R0010561.jpg


これは、と言い大漁を願う、儀式の一つらしい。
海神神社に到着。
社務所に朱印帳を預け、両親を連れて石段を登る。
280段位らしいが、高齢の両親には辛い石段である。R0010564.jpg

しかし、昭和一桁の意地っ張りである。
とりあえず、登り切った。R0010566.jpg
IMG_1987.jpg


問題は、下りである。
親父は、膝が悪く下りは駄目なんである。
もう、杖をつきそれを支えながらゆっくりと階段を下りる。
一時間程かけて参拝をした。
社務所で、朱印を押してもらった朱印帳を頂きながら、ご好意でお茶を頂く。
もう降りてきたらボロボロ。
膝と足首が悪い親父はまともに歩けないのである。
しばらく、休憩して次の目的地に向かう。
対馬野生生物保護センター、環境省の施設である。
ここには、ツシマヤマネコを見にきた。
日本にいる二種類のヤマネコのうちの一種類である。
もう一種類は有名なイリオモテヤマネコである。R0010604.jpg

環境センターの方の案内で、ガラス越の飼育施設のツシマヤマネコを見る。
しかし、餌やり場のブロックの中に入り、お尻だけ見えるだけで、全体像は見えない。
しばらく粘ったが諦めて、展示施設を見学していて、Tシャツを買い、帰ろうとした時、先程の飼育係の方から「今、出てきました。是非見て下さい」と、案内される。
いやいや、立派なネコである。
R0010591.jpg

イエネコとは明らかに違う雰囲気を持っている。R0010585.jpg

太い尻尾に、耳の後ろの白い斑点が特徴で、イエネコより一回り大きい。
この、ツシマヤマネコも、開発や交通事故などで数が減少しているという。
人間の快適さを求める欲求の裏側にある残念な事実である。

館内を一回りして、対馬野生生物保護センターをあとにする。

昼飯の時間である。
あがたの里そば道場に向かう。
ここで、変ったそばを食べる。
内容は暴飲暴食で。

そばでね腹を満たした後、鰐浦の韓国展望台に向かう。
韓国釜山はね僅か49.5km先にある。
今日は、残念ながらガスがかかっていて、韓国は見えなかった。
しかし、その先の海栗島にある自衛隊の基地が、稚内同様【国境】を感じさせる。

韓国が良く見えるのは、冬の寒い日の夜らしい。IMG_1991.jpg


これはポスターの写真IMG_1994.jpg

しかし、ここを訪れる韓国人の多い事にはびっくりした。

すぐそばの比田勝港と釜山とを国際航路が結んでいるので、沢山の人が訪れるのだろう。

あとは、家路に着くだけである。
しかし、ここは対馬。
家は、さいたま・・・先は長い・・・

とにかく、対馬の東海岸をヴィッツでぶっ飛ぶ。
空港までは、この道の方が早いと、あがたの里のお姉さんが教えてくれた。
「比田勝から空港まで60キロ位で走ると1時間10分位ですよ」って・・・
本当かい・・・
車にあまり強くない母親をかばいながらそれなりのペースで飛ばす。
途中、紅葉が奇麗な場所があり、『対馬一の紅葉』と看板が有った。
結局、そのままノンストップで空港下のトヨタレンタカーに到着。
結構、ぶっ飛んだんですが・・・1時間15分かかりましたよ・・・比田勝から・・・
姉さん愛車、インプとか言わないでしょうね・・・(笑)

レンタカー屋のハイエースで空港に送ってもらう。
16:20に対馬空港に到着。
まぁ可愛らしい空港である。
でも、少し気になる事がある。
16:45の出発のANA4938なんだが、乗るはずの飛行機が無いのである。
えっ(;_;)/~~~

このフライト自体はどうでもいいのだが、福岡から乗り継ぎのJAL336までが、ANA4939の到着から55分しかないのである。
それも、対馬からの便は第一ターミナルで東京行きは第二ターミナル。
この距離が結構あり、なお且つ親父の足はまともに動かない。
いやいや間に合うのかい?
勿論、JALは早特で購入の為変更不可。
ANAの遅れは理由にならない。
16:25頃やっと来ましたよ。R0010603.jpg

ちっちゃなびしっと締まった凛々しい機体のフライングドルフィンが・・・
ボーディングブリッジが機体に付き、降着する人が終わり、掃除をしてすぐ出発で約5分遅れ。
誘導路も無い滑走路だけの小さな空港で小さな機体のB737-500。
滑走路の左端を北に向かい、滑走路の終点でそのままUターン。
これは、大空港で大型機にばかり乗っている私にとっては、びっくりするほど新鮮な光景なんである。
そのまま、コンコンコンコンとチャイムが4回鳴り、そのまま滑走開始。
テイクオフ。
軽々と宙に舞い上がる。
僅か20分のフライトである。
でも、びっくりしたのは上空で一度シートベルトサインが消えるんだね。
そして、あと10分で着陸って時に再び点灯する。
不思議なフライトだったよ。
結局福岡にはほぼ定刻にスポットに到着。
あとは、第二ターミナルまでひたすら歩かないといけないが、時間が無い為、三人をあとから来させて、私だけ先を急ぎ、チェックイン。
さすがに、クラスJは確保できなかったが、理由を説明し、前方座席に変えて頂いた。
お袋は、九州ラーメンが食べたかったらしいが、保安検査場が長蛇の列の為、またの機会にって事で・・・先を急ぐ。
保安検査場を抜けるのは、結構時間を要し、搭乗口に着いたのは、優先搭乗直前。
ビッコタッコで、ヨタヨタと歩く親父を見て地上係員が気を利かせて優先搭乗にしてくれた。
お陰さまで、ゆっくりと歩く事が出来て助かりました。
有難う御座いました。
帰りも、旧JAS機。
爆睡しながら、羽田に到着。
降機の際も、一番最後に下ろさせて頂き助かりました。
到着ロビーのドア出た所の銀座ライオンで食事をとり、空港をあとにする。
首都高を通り、自宅へ到着。
はぁフラフラだよ。
旅行って疲れるね(-。-)y-゜゜゜
出張で旅慣れているはずのおいらでもこれだけ疲れんだから、普段旅しない人は大変だろうな・・・


本日の移動距離
走行①=180km
空路①=130km
空路②=921km
走行②=55km
合 計=1,286km
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雷鳥

Author:雷鳥
四輪・バイク・自転車・飛行機・電車・船と問わず乗り物と旅と生き物と食べるのが大好きではあるが、一つとして精通している物は無く、かと言って全く解らない訳でもない単なる中途半端な興味本位の、その辺にいる半分遊び人のおっちゃんです。

苦手な物
はっきり言って『パソコン』

好きな食べ物
チープなラーメン

苦手な食べ物
『ふき』と『うど』

好きな動物
何でも好きだが、『まぬけ系』
特に鳥類が好き
中でも、『雷鳥』と『マゼランペンギン』

愛車は
バイク
1号機
SUZUKI-TL1000R(1998)

2号機=
BMW-R1200RT LC(2018)
style sports


1号機=
NV350 CARAVAN 4WD P-GX (2019)

2号機=
BMW318iT (2018)

自転車
1=650Aランドナー BS DT-6210
2=PEUGEOTマーレ
3=BD-1 CAPREO
4=3RENSHO MTB
5=BD-1C(かみさんの)
6=Cannondale badboy Disk
7=Bianchi FENICE PRO


で、あちこちウロウロしています。
バイクでのサーキットは、じじぃなので卒業しました。

安い海外旅行が好きです。
だって、金掛からないから…

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング
ちょいと押してみて下さいな。

FC2ブログランキング